使用済み天ぷら油回収報告

ご家庭からゴミとして捨てられている使用済食用油。実はかなり純粋なエネルギーの塊で、東京にある「油田」とも呼ばれています。(500mlペットボトル1本で、単3乾電池800本相当のエネルギー)生ごみに混ぜて捨てているご家庭も多いのではないでしょうか?
この、家庭の油を集めるのに協力してくれたのが、グルメシティ高尾店さんです。中央入口の、リサイクル回収コーナーに、油回収ボックスを設置させてもらいました。最初は、ゴミ箱と間違われていましたが、(涙)最近では、多くの皆さまが、使った後の黒くなった油を持ってきてくださいます。
ボックスから回収していると、「これは何に使うの?」と声をかけてくださる方もいます。油で発電できることをお伝えすると、「次回から捨てないで持ってきますね~」と言っていただけます。
この取組みから、エネルギーを身近に感じていただけると、嬉しいです。

関連記事

  1. 【天ぷら油】キッチンから電力を生み出す「天ぷら油発電」を始め…

  2. 【天ぷら油発電】あったかホールまつりに出店しました(2018…

  3. 廃食用油活用の先進事例視察@宮城

  4. 〖里山工房〗端材を有効活用したハンティングチェア

  5. 6/2磯沼牧場で市民発電交流会開催

  6. 【ものづくり】ポータブルバッテリー開発<2>ようやく完成!L…

PAGE TOP