【活動報告】一橋大学自然資源経済論の公開シンポジウムで発表

一橋大学自然資源経済論の公開シンポジウムにて、ユギムラ牧場での八王子協同エネルギーの取り組みについて報告。
「都市開発を考える(岩波新書)」という本は、建築学部生だった僕にとっては結構大きめの衝撃だったのですが、その著者、大野輝之さんによる基調講演から始まり、自治体への実態調査分析結果の報告や、海外のエネルギー協同組合についての研究報告など。目から鱗が落ちるようなお話もたくさんありました。
そして第二部の実践報告では、飯館電力の千葉さんや、生活クラブエナジーの半澤さん、そして、はちエネがそれぞれの取り組みの状況を報告!4時間にわたり、400人もの学生たちが集中して耳を傾けているという、ただごとではない雰囲気。
とても貴重な体験でした。ありがとうございました。

関連記事

  1. <廃食用油精製拠点整備>防風扉設置

  2. はちエネの市民発電所の取り組みがSDGsを啓発する教科書(副…

  3. 【視察ー天ぷら油】那須、非電化工房視察 2017/10/03…

  4. <廃食用油精製拠点整備>フィルーター設置工事

  5. 天ぷら油発電 3年間の総括活動報告書作成

  6. カッティングボードのワークショップを開催(2018/4/15…

PAGE TOP