はちエネ基金 (1口1万円~ 参加できます)


はちエネ基金の募集内容はこちら

 


市民発電所第1号機 

ユギムラ牧場ソーラー発電所

はちエネが最初に建設した市民発電所です。多摩ニュータウンの一角の里山地域にある「ユギムラ牧場(鈴木牧場)」の堆肥小屋を借りて発電・売電事業を行っています。 固定価格買取制度を利用した20年間の売電事業を行いながら、地域のコミュニティづくりやさらなる地域分散型エネルギーの導入などを目指します。牧場でのイベント、ワークショップを行うことにより、地域の住民と資金提供者の交流を深め、まちづくりを担う人材やコミュニティづくり、地域エネルギーの普及をすすめていきます。

 

ユギムラ牧場発電所の話題をチェック


設備容量 約29.8kW
発電量予測 約3万kWh/年(一般家庭およそ10軒分)
買取価格 36円/kWh(20年間固定・全量売電)
住所 東京都八王子市堀之内900-1
稼働開始 2014年9月3日~

 


市民発電所 第2号機 

かあさん牛のヨーグルト工房発電所

京王線山田駅からほど近くにある「磯沼ミルクファーム」の牛舎に19.8kWのソーラー発電所を設置します。磯沼ミルクファームは「動物福祉」の考えのもと、約100頭の牛が牛舎と放牧場でのびのびと生活しています。

「世界で一番小さいヨーグルト工房」があり、一頭の牛の乳からつくった「かあさん牛のヨーグルト」が自慢です。生まれたばかりの子牛を間近に見ることができ、乳搾り体験やチーズ作りの教室なども行っている、地域に開かれた牧場です。カカオやコーヒーの殻を利用して“におわない堆肥”を生産しています。セレオ八王子店に直営店を出店。ソフトクリームも食べられます。スーパーなどで販売されている「東京牛乳」にも磯沼ミルクファームの牛乳が使われています。

牛舎の屋根で発電した電気は全量を電力会社に売電します。送電線を通して近隣に送られますが、実際はこの「ヨーグルト工房」でも使われることになります。

 

かあさん牛のヨーグルト工房発電所の話題をチェック!

磯沼ミルクファームのfacebook  公式ホームページ

このプロジェクトを支えるための「はちエネ基金」を募集しています!

設備容量 19.8kW
発電量予測 19600kWh/年
買取価格 32円/kWh(20年間固定・全量売電)
建設費 約580万円
設備 パネル:レネソーラー 250w 80枚
パワコン:田淵電機 9.9kW 2台
住所 東京都八王子市小比企町1625
稼働開始 2016 年1月

市民発電所 第3号機 結の会ソーラー発電所

ユニークな取り組みで知られる福祉作業所「結(ゆい)の会」の作業棟の屋根に10kWの発電所をつくります。八王子市元八王子町にある結の会は1989年の設立以来、「様々なハンディのある人が地域で共に暮らし生きていける場を創りたい」という想いから出発しました。

木造の工房では和紙の手すきが行われ、ハガキなどのほかに、内装材にも使われています。また季節ごとの新鮮な果物を使ったジャム、廃油から作った石鹸も人気。生協のチラシの組み込み作業やポスティングなどの仕事もあります。利用者の皆さんは自分の得意をいかして日々の仕事に取り組んでいます。

 

結の会発電所の話題をチェック

NPO法人結の会 facebook  公式ホームページ

このプロジェクトを支えるための「はちエネ基金」を募集しています!

設備容量 10kW
発電量予測 10,000kWh/年
買取価格 32円/kWh(20年間固定・全量売電)
建設費 約310万円
設備 パネル:レネソーラー 250w 40枚
パワコン:田淵電機 9.9kW 1台
住所 東京都八王子市元八王子町2-1211
稼働開始 2015年12月