終了したイベント(開催報告)

由木かたくりの会のお祭りに出店(2018.11.10)

由木かたくりの会のお祭りに出店しました。上衣がいらないくらい暑い一日でしたが、ホットココアがもらえる再エネ・省エネクイズをし、多くの方が参加していただきました。また、里山活動のPRを兼ねて2人ノコのデモンストレーションと、参加者に体験をしてもらいました。とのなりのブースにはトヨタのプリウスの半電気自動車が展示されており、エコ意識の高いお客さんも来てくれました。

 

あったかホールまつりに出店しました(2018.11.3)

文化の日の11月3日、北野にある「あったかホール」まつりに、はちエネも出店しました。

残念ながら、お祭りがはじまった10時過ぎからあいにくの雨模様。徐々に雨足が強まり、午前中は本降りで肌寒いあいにくのお天気。はちエネは、今回のイベントで、天ぷら油発電のPRとと省エネの啓蒙をするためのクイズを行いました。3問のクイズに答えてもらうと、はちエネ特製の甘酒を差し上げるという内容です。

肌寒かったこともあり、甘酒は大好評。多くの方が省エネクイズに参加していただきました。甘酒24リットル、180カップ分が完売しました。肝心の天ぷら油発電に多くの方がとても関心をもってくれました。多くの方からうちの近くでも廃油の回収をしてほしいといった要望をいただきました。まだまだ回収拠点は少ないですが、これから回収拠点を増やしていく予定です。

みずき通りフェスティバルに出店しました(2018.10.21)

毎年、春と秋に開催されるみずき通り商店街のお祭り「みずき通りフェスティバル」に初めて出店しました。廃油発電のデモンストレーションとして、一緒に出店した八王子生活者ネットワークのわたあめ機を動かし、パネルやチラシを使ってPRしました。人通りが非常に多い中で発電機を動かしましたが、周りの音が大きかったこともあり、音や臭いはあまり気になりませんでした。このお祭りは、小学校のPTAが参加していることもあり、子どもが多く来場しており、中でもわたあめは大人気です。わたあめを買うため列に並んでいる親子に向けてチラシを配布しながら天ぷら油発電のことを説明していきました。みなさん「へえ〜!」と声を揃えて反応します。ちょうど八王子協同エネルギーの廃油回収拠点である、エコメッセ八王子の風と緑のマルシェの店舗の目の前だったので、関心を示した方には「ここで油を集めていますよ」と案内することができました。ほとんどが地域の方だったので、廃油の提供につながることを期待します。

『里山のある暮らし』からエネルギーを考える(2018/8/25,26) 開催報告

8/25(土)、26(日)の2日間、八王子堀之内のユギムラ牧場で、イベント「エネルギーをもっと身近に 『里山のある暮らし』からエネルギーを考える」を、NPO法人市民電力連絡会とはちエネの共催で開催しました。
近年、技術的な進歩もあり、里山のエネルギー利用が再び注目されています。コストのかかる搬出を賄うためには、燃料だけでなく、より付加価値の高い材木利用の模索や、発電時の排熱についても使わない手はありません。里山資源を活用することで、地域の歴史や人々の想いをつなぐことができます。エネルギーをもっと身近なものにするために、里山・牧場ソーラーのもとで、柴刈りや薪割りに汗を流して地域の資源を感じながら、どうすればそれらを活用できるか、実践者でありながらコンサルタントとしても活躍する井筒耕平さんとともに考えました。
少し遅くなってしまいましたが、イベントの様子を報告させていただきます。

============================

暑すぎる!気温37度。今日ここに、自然エネルギーの現場で、つくる人、売る人、使う人が交流!市民電力連絡会と八王子協同エネルギーの共催企画、大盛況でした!
1日目は、ユギムラ牧場にて、岡山県の西粟倉からバイオマスエネルギーの取り組みを全国に発信する、映画『おだやかな革命』の主役としても知られている井筒耕平さんのお話。西粟倉村で取り組んでいるバイオマス事業や温泉宿の事業の取り組みを中心に、33もの新規事業が立ち上がっている移住のメッカで何が起こっているのか、興味深い話を伺いました。
その後、はちエネが、都市の資源を活かすために研究してきた天ぷら油の燃料化と発電、そして里山の資源を活かすチェンソーによる製材搬出など、都市と農村の接点である八王子らしい資源活用の実演。
2日目は、はちエネの太陽光発電設置場所である磯沼ミルクファームにて、「顔の見える電力」第1回目の見学&バーベキュー!ご当地究極グルメである磯沼ミルクファームのローストビーフを食べました!!その他、はちエネ代表のリプトン手作りの特製カレーや地産の野菜、牧場のミルクで作ったアイスも絶品でした。地域でエネルギーをつくれば、人の想いや繋がりが見えてくる!とにかく暑かったけど、これが発電冥利。この夏いちばんの思い出になりました!!

【イベントプログラム】

●8月25日(土)■八王子会場13時~
「エネルギーをもっと身近に 『里山のある暮らし』からエネルギーを考える」
講 師:井筒 耕平さん(株式会社sonraku 代表取締役)
聴き手:篠原ゆり子(認定NPO法人 FoE Japanスタッフ)

□ 8/25(土)講座終了後交流会
□ 8/25(土)宿泊
□ 8/26(日)磯沼ミルクファーム・発電所見学と牧場ランチ

イベントの詳細な内容は、参加者の高山さんがFacebookで報告していただきましたので、以下のページをご覧ください。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1431713913628205&set=a.874876889311913&type=3&theater

天ぷら油発電@浅川市民センターまつり(2018/3/4)

2018年3月4日(日)に開催された浅川市民センターまつりに、はちエネも参加しました。

地元のグルメシティ高尾店で回収した廃食用油を燃料に発電機を回し、会場でひときわ目を引く「ふわふわクジラ」を膨らませるための送風機に電気を供給しました。

「ふわふわクジラ」は子供たちに大人気。くじらの中で汗をびっしょりかくくらい飛び跳ねて遊んでいました。

ちなみに、一番下のゆるキャラは、廃食用油を回収しているグルメシティの高尾名店街のマスコットキャラクター「かんこうさん」です。「かんこうさん」は、学問の神様で、高尾になじみのある菅原道真公をモチーフにしています。かんこうさん、子供たちに大人気でした。

映画 Tomorrow 上映会を開催しました(2018/2/18)

2018年2月18日(日)に、映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』の上映会を行いました。午前の部、午後の部合計で約80名の方が参加してくださいました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

気候変動は心配、でも原発はもっとイヤだ! 将来の食糧危機や水不足も心配。そんな想いを抱えているのは、私たちだけではありません。持続可能な社会への移行を目指し、市民出資の再生可能エネルギーや市街地での野菜作り、地域通貨やコミュニティビジネスなどさまざまな試みが世界中で行われています。映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』では、そうした世界各地の取り組みがたくさん紹介されていました! 自分でも何か始めよう! と思える元気の出る映画でした。映画の上映終了後、八王子でも行われている市民発電の新展開も紹介させていただきました。

はちエネは、今後も、未来の社会を考えるきっかけになる映画、持続可能な社会の実現につながる取り組みを紹介する映画などの上映を行う予定ですので、その際はぜひご参加ください。

【イベント内容】
映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』
日時 :2018年2月18日(日)
午前の部:10時~12時30分(1回目上映+シェアタイム)
午後の部:13時30分~16時(2回目上映+シェアタイム)
場所 :八王子市生涯学習センター(クリエイトホール)11階視聴覚室

 

一橋大学自然資源経済論の公開シンポジウムで発表 12/10(日)

一橋大学自然資源経済論の公開シンポジウムにて、ユギムラ牧場での八王子協同エネルギーの取り組みについて報告しました。 自然エネルギー財団の大野輝之さんによる基調講演から始まり、自治体への実態調査分析結果の報告や、海外のエネルギー協同組合についての研究報告など。目から鱗が落ちるようなお話もたくさんありました。
そして第二部の実践報告では、飯館電力の千葉さんや、生活クラブエナジーの半澤さん、そして、はちエネがそれぞれの取り組みの状況を報告!
4時間にわたり、400人もの学生たちが集中して耳を傾けているという、とても貴重な体験でした。

【活動報告】エネカフェパネルトークに参加!

多摩循環型エネルギー協議会主催のエネカフェパネルトークに参加して来ました!
長野の自然エネルギー信州ネットの合原さん、町田自然エネルギー協会の入澤さんとともに、話題はソーラシェアリングについて。
市民や農家が関わるご当地再エネが世界的に発展するなかで、まだまだ再エネ比率が数パーセントでしかない日本では、耕作放棄や後継者支援を視野に入れた営農型の発電所に注目が集まっています!

ユギムラの森「きこり体験と里山すうぷづくり」 2017/11/19

今年もやりました!秋の木こり体験!
照葉樹の細い木を除伐して、森の中が明るくなりました。
作業のあとには山の柴で火を起こし、FIOの美味しいお野菜でつくった温かい”里山すうぷ”を楽しみました☆
女子でも子どもでも楽しめるきこり体験。未体験の方は、是非、次回の活動にご参加ください。

あったかホールまつり出展報告 2017/11/2

11月2日、あったかホール(八王子市北野余熱利用センター)まつりに出店し、使用済み天ぷら油発電のデモンストレーションをしました。

回収した天ぷら油を燃料に発電し、「さとやまべしふぁーむ」の無農薬、無化学肥料のサツマイモ「べにはるか」で究極の大学ポテトを作りました!

もちろん、ポテトを揚げた油もその場でリサイクル!発電機の燃料となる!そして、また揚げる。すぐに売れて100食を完売しました!!

 

 

 

 

首都圏市民電力交流会@ユギムラ牧場 開催報告 2017/10/21

10月21日(土)堀之内・ユギムラ牧場でまたまた美味しいイベント!首都圏の市民電力が一同に会して交流しました!
どんどん増える市民たちの発電事業。効率の良い小水力発電機を製作した団体や、再エネ比率の高い電気を供給する取り組みなど、それぞれの取り組みを共有しました。はちエネからは、里山保全活動と天ぷら油発電を紹介しました。

パワーシフトキャンペーンの吉田さんの講演、各地で市民発電を行っている団体から発表があり、様々な取り組みを共有しながら激動の電力事情について考えるました!プレゼンの後には、磯沼牧場の仔牛の特製ローストビーフ、地元野菜を使ったアツアツのおでんなどを食べながら、市民電力の今後について熱く語りあいました!

里山の暮らし体験ワーク『“できる場所”がここにある!』開催報告 2017/9/18

9月18日(月曜・祝日)にユギムラ牧場(八王子市堀之内)で里山の暮らし体験ワーク『“できる場所”がここにある!』を開催しました。

第一部の「ユギムラの森へ行こう」では、のこぎり伐木体験で森を育てる仕事を体験し、夜にかけての第二部では「たたら製鉄とバーべキュー」を体験しました。どちらもここでしか味わえない貴重な体験ができ、イベント名の通り、「できる場所」を味わいました。
農業、アート、エネルギー…様々な情熱と技能をもった人々が出会い、ともに工夫を凝らす。心の奥にある昔の風景、本物の味。多摩丘陵の一角に、里山と暮らせる場所が残っていることは驚きです。開発の時代を乗り越えて、都市近郊に残された小さな里山をめぐる、八王子・堀之内「ユギムラ」の新しい物語のはじまりを感じられるイベントとなりました。

◆第1部「ユギムラの森へ行こう」
☆ユギムラフィールドワークと山仕事体験(手ノコ体験)
山しごととは、どんなことをやるんだろう?
森を育てる楽しさを学びながら、手ノコによる伐木の体験しました。
昼食には、本格カレーと焼きたてナンを味わいました。

◆第2部「たたら製鉄とバーベキュー」
製鉄は4000年も前に発明されたそうです。当時は溶鉱炉のような大がかりな設備もありません。あったのはもっと素朴な土地土地にあるものです。
地域でとれた砂鉄と里山を手入れして木を切って炭焼き小屋で作った炭を使って製鉄を行っていたそうです。

☆たたら製鉄体験
八王子浅川の河川敷で採れる砂鉄と、里山の雑木林を伐り、つくられた炭を使い、質の良い鉄をつくりました。夜空に花火のような火柱を上げ会場を照らす姿は、とても迫力がありました。

☆磯沼牧場育ち子羊BBQ
八王子の顔が見える関係の中でのびのびと育てられたおいしいラム肉を堪能し、八王子の「おいしい!」を発見することができました。

       

2017年度定期社員総会 2017/6/17

八王子協同エネルギーは、みなさまのご支援により4期目を迎えることができました。
3基の市民発電所の運営の他、みんな電力との連携、南相馬との地域連携なども着々と進めています。また、里山エネルギープロジェクトの取り組みも少しずつ実を結び始めています。
今年度は、地球環境基金助成金に採択された廃食用油発電に取り組もうとしています。これまで以上に、みなさまのご協力ご支援が必要になってまいります。
お忙しい中恐縮ですが、ぜひともご来場いただき、新たなビジョンを共有し、貴重なアドバイスを賜ることができれば、と運営スタッフ一同お待ちしております。
当日賛助会員へのご入会、更新いただいた方に、とれたての新鮮野菜や結の会の
ジャムをプレゼント!ぜひご参加ください。
【日程】6月17日(土)13:30~16:00
【時間】社員総会 13:30~15:00
廃食用油発電プロジェクト説明15:00~16:00
【会場】アミダステーション(1F)(八王子市東町3-4八王子駅徒歩5分)
【参加費】無料
※正会員以外に議決権はありませんが、どなたでも傍聴、ご参加いただけます。
資料準備の都合上、事前にお申し込みいただけると助かります
TEL 050-3700-8002 E-mail info@8ene.org

NPOフェスティバル出展報告 2017/5/27 (土)

好天に恵まれた土曜日、ユーロードで行われた八王子NPOフェスティバルに出展しました。賛助会員の佐々木さんオリジナル開発のソーラークッカーでブロッコリー、じゃがいもやりんご、マンゴー入りパウンドケーキを調理。

3つのソーラー発電所のPR他、天ぷら油発電プロジェクトの幟を掲げ、各家庭の天ぷら油の使用量や廃棄の仕方などについてアンケート調査を行いました。回答くださった方に油回収用の「ロウト」をプレゼントしました!今後、メールにてプロジェクトの進捗を発信していきます。

  

多摩の里山で切り出したカッティングボードづくり 2017/5/7

多摩の里山で切り出した木(桜、ケヤキ)で、自分だけのオリジナルカッティングボードを作りませんか?電動工具を使って好きな形にカットして、八王子産ミツロウを使って磨きあげます。

日時 5月7日(日)
午前の部‥‥10時30分〜12時30分
午後の部‥‥14時〜16時

参加費‥‥3800円

定員‥‥午前、午後 各4名 (申込先着順)

アクセス‥‥GoogleMapで ユギムラ牧場と検索
京王堀之内駅から徒歩18分、平山城址公園駅からバスで京王堀之内駅行き、帝京大学中高北バス停下車徒歩5分

申込先
イベントページに参加ボタンを押して、メールsatoyama@8ene.org まで、参加人数、お名前、電話番号をお知らせください。

主催者: 一般社団法人 八王子協同エネルギー 問合せ 田中 080–3774–8022

福島復興再エネ探訪ツアー 参加報告 2017/4/8-9

4月8日、9日に、NPO法人市民電力連絡会主催の福島復興再エネ探訪ツアーが開催され、はちエネから、4名の理事・監事が参加しました。このツアーでは、てんぷらバスに乗って、いまだに収束できない福島原発事故からの復興を期して、再エネ事業に取り組む人・団体を訪ね、再エネ発電所を見学してきました。NPO野馬土の小高の発電所、井田川の風力発電所候補地、えこえね再エネの里(南相馬)、KTSC発電所(川俣町)、農民連霊山発電所、飯舘電力伊丹沢発電所など、2日の日程で福島各地を駆け回り、メガソーラー、中小発電所からソーラーシェアリングまで様々な取り組みを見てきました。
桜には早かったですが、梅がまだ盛りで春の花がいろいろ咲き始めていました。福島は豊かな自然に恵まれた地であることを実感しました。しかし、原発近くや他の場所でも、バスの中で放射線測定器がなりっぱなしのところがあちこちにあり、町並みに人影はなく、失われたものの大きさにあらためて胸をつかれました。でもこんな中で、なんとかふるさとで生き、再興することはできないかと様々な努力を続ける人たち。それぞれの地で出会った人たちは本当に魅力的でした。

市民ソーラー情報交換会@八王子 開催報告 2017/4/22

4月22日(土)に、ユギムラ牧場で、PV-Net東京主催の「市民ソーラー情報交換会@」が開催されました。多摩地区の市民電力12団体(むさしの市民エネルギー、みたか発電、こがねい市民発電、こだいらソーラー、東大和エネルギーの会、東村山エナジー、えねこや(調布)、まちだ自然エネルギー協議会、八王子協同エネルギー、多摩エネ協、多摩電力、PV-Net東京)が参加し、各団体の活動内容を発表し、情報交換をしました。
前日までは暖かい日が続いたのですが、この日は一転して肌寒く、雨も降り出すあいにくの天気となってしましました。あまりの寒さに急遽会場で薪を燃やして暖を取りながら会を進めたのですが、幻想的な雰囲気でとても印象に残る情報交換会になりました。
各団体の発表が終了後、第2部の懇親会では、福島復興再エネ探訪ツアーで訪問した福島県川俣町の斎藤さんから頂いたソーラーシェアリングのお米と、FIOの野菜、磯沼ミルクファームのローストビーフなどの顔の見えるエネルギーを表現した料理で、多摩地区の再生可能エネルギーの担い手たちとの交流を深めました。

落ち葉掃きと焚き火ライブ@ユギムラの森 ~立春の森で山の仕事始めと森の歌を楽しもう!~ 開催報告 2017/2/4

2月4日(土)に、ユギムラ牧場近くの里山で、「落ち葉掃きと焚き火ライブ@ユギムラの森 ~立春の森で山の仕事始めと森の歌を楽しもう!~」を開催しました。
当日は、森のシンガソングライター 山田証さんの歌を聴きながら落葉掃きをしました。葉っぱが落ちた雑木林は空がとっても広くて清々しい中、冬の森の中で落葉を掃き、森の歌に耳を澄まして、森も自分のココロもリフレッシュしました。
作業の後は、焚き火を囲んで山田さんのライブに耳を傾けました。森の中でからだもこころもほっこりまったり。大人も子どもも楽しい森の時間を楽しみました。

■日時:12月4日(日) 9時30分集合 13時30分解散
■場所:集合 ユギムラ牧場(里山までは歩いて移動します)
■参加費 300円 (保険代)
グリーンボランティア保険に加入します。
■スケジュール:
9:30 集合 里山まで移動
10:00 伐木見学と処理作業
12:00 作業終了
終了後 焚き火スープでランチ☆
13:00~片付け
13:30 解散

TOKYO油田2017見学報告 2017/1/27

はちエネでは、廃食用油の回収・発電の可能性を検討しています。1月27日(金)に、廃食用油回収・BDFの製造販売等を行っているTOKYO油田2017(株式会社ユーズ、株式会社BDF)に廃食用油回収や廃食用油の精製、廃食用油を用いた発電等の現状や可能性等についてお話を伺ってきました。
はちエネでは、1月に独立行政法人環境再生保全機構の地球環境基金の助成金に、廃食用油の回収・事業化実証実験のプロジェクトを申請しました。助成金の採択結果は3月に判明する予定です。
TOKYO油田2017
http://www.tokyoyuden.jp/
地球環境基金
https://www.erca.go.jp/jfge/about/index.html

はちエネ2017学習会&新年会 開催報告 2017/1/21

1月21日(土)に「はちエネ2017学習会・新年会 ~新電力切替からバッテリー最新技術まで」を開催しました。
17時からの学習会では、再エネ普及を目指す新電力の紹介と切り替えの方法、はちエネオリジナルモバイルバッテリーの紹介、廃食油発電の可能性などについて発表と意見交換を行いました。
18時から行われた新年会では、磯沼ミルクファームの子牛肉料理、はちエネ共同代表のリプトン特製カレー、会津電力を経営する会津大和川酒造の日本酒(弥右衛門)など美味しいお酒と料理で新年をお祝いしました。

八王子市によるユギムラ牧場発電所視察報告 2017/1/20

1月20日(土)に、八王子市の環境マネジメントシステム監査員の皆様がユギムラ牧場に視察に来ました。ユギムラ牧場における市民発電の活動が、「市民・事業者の優れた環境配慮取り組み」とみなされ、市民発電や里山保全、市民向けの環境講座やイベントなどの取組内容についてインタビューされました。
今回のインタビューは、八王子市の環境マネジメントシステムの取り組みとして位置付けられており、インタビュー結果や風景は市のホームページや環境白書などで広く公表される予定です。

「ユギムラの森・お手入れはじまります!」 2017/11/13

しらかしの林を明るくしよう!除伐作業をやってみよう!
10月10日は、ユギムラのフィールドをみんなで歩きました。
林内の樹木の植生を観察し、マップづくりを実施しました。薮になっているところもいきなり探検。その後牧場に戻って、この森の活かし方や手入れをどうするか、話し合いました!
そこで次回は、まず森のお手入れ体験として、しらかしなどの細い木々でちょっと暗い林を明るくするために、除伐体験を行うことにしました。直径5、6センチの細いくて若い木を、ノコギリで除伐します。
作業のあとには、柴を集めて、ロケットストーブでスープを作って楽しみましょう☆
女子でもお子さんでも楽しめるきこり体験。ぜひご参加ください!!
(小学4年生までのお子さんは親子でご参加ください☆)
●日時:11月13日(日) 9時30分集合 12時30分解散
●場所:集合 ユギムラ牧場(里山までは歩いて移動します)
●参加費 300円(保険代など)
●雨天中止
(中止の時は、前日、または朝7時までに、facebookイベントページとメールで案内します)
●スケジュール:
9:30 集合 里山まで移動 準備体操
10:00 作業開始
12:00 作業終了
終了後 ロケットストーブで暖かいスープでランチ☆
13:30 解散
お時間ある方はお昼を牧場で一緒に食べましょう。
●服装:長袖長ズボン 動きやすい靴または長靴 帽子
※林内作業をしますので、足元はフットカバーか、なければ、長めの靴下などで足元から虫などはいらない服装を心がけてください。
※黒っぽい服装は避けてください。
●持ち物
水筒、虫除け、タオル、軍手、おにぎり・お弁当などリュックサックなど
■申込方法(〆切11月10日)
facebookページ:
https://www.facebook.com/events/1292769744086567/
下記を明記してメールでお申し込みください。
facebookへの参加表明の方で初参加の方は下記内容をメールで送ってください。
※保険に加入しますので、必ずお申し込みをお願いします。
●氏名(ふりがな) 年齢 性別 住所(任意) 電話番号 メールアドレス
申込先 satoyama@8ene.org
●問合せ 080-3307-0427(近藤)

「ユギムラの森ってどんな森?調べる・探す・創ってみる」2016/10/10

市民の力で牧場の屋根にソーラーを設置して発電事業をしている
はちエネ(八王子協同エネルギー)の里山プロジェクト。
いよいよフィールドワークが始まります。
昨年は八王子各地の里山のフィールドをまわり、伐木や除伐の体験を
しながらチップをつくり、ペレットの試作やロケットストーブの制作
をしてきました。
そして今年から、堀之内にある小さな里山をフィールドにお借りして、
里山の手入れをしながら、森から出る林産資源をエネルギーやものづ
くりに活用していく体験活動を始めます!
そこで先ず最初にここがどんな森なのか、どんな樹があるのか、
どんな風に活用できるか、みなで調べて考えるフィールドワークと
マップづくり行ないます。
その後ユギムラ牧場にある旋盤機やペレットの工房見学も!
ユギムラの里山の活かし方、一緒に考えていきませんか?
親子でのご参加も大歓迎です☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■日時:10月10日(月) 9時半集合 15時半解散
■場所:集合 ユギムラ牧場
(里山までは歩いて移動します)
アクセス http://fio8.com/about/access/
※駐車スペースはありませんので公共交通をご利用ください。
京王堀之内駅より徒歩20分
または平山城址公園から8:55または9:07発
京王堀之内駅行きバスで「帝京大学中高北」下車徒歩7分です。
■参加費 500円(子ども300円)保険&資料代
■スケジュール:
9:30 集合 里山まで移動
10:00 フィールド調査と植生観察
12:00 お昼 (食べながら意見交換その後牧場へ移動)
13:30 牧場でフィールドマップづくり
ペレット製造機、木工旋盤機の見学と
デモンストレーション
15:00 振りかえりなど
15:30 解散
■服装:長袖長ズボン 動きやすい靴または長靴 帽子
※フィールド内を歩きますので肌が露出しないように、また足元は
フットカバーか、なければ、長めの靴下などで足元から虫などが
入らない服装を心がけてください。
■持ち物
お昼のお弁当 水筒、虫除け、タオル、軍手、筆記用具
リュックサックなど
■申込方法(〆切10月7日)
facebookへの参加表明
https://www.facebook.com/events/328282350853227/
または、下記を明記してメールでお申し込みください。
※保険に加入しますので、必ずお申し込みをお願いします。
●氏名(ふりがな) 年齢 性別 住所(任意) 電話番号 メールアドレス
申込先・問合せ 一般社団法人八王子協同エネルギー 里山プロジェクト
satoyama@8ene.org TEL080-3307-0427(近藤)
この体験事業は
林野庁「森林・山村多面的機能発揮交付金」を受けて実施されます。

はちエネビジョンミーティング 2016/7/24

日 時:7月24日(日)15時~17時 終了後、交流会(軽食あり・500円)
場 所:アミダステーション(八王子市東町3-4)
アクセス:http://bit.ly/yui11_30
地域の資源を活用し、エネルギーや食というテーマでまちづくり。そんな取組に参加しませんか?
はちエネの新たなプロジェクトを紹介しながら、参加する皆さんにも自由にアイデアやご意見を発表していただき、プロジェクトに生かしていくほか、一緒に活動してくれるメンバーも募っていきたいと思っています。
誰でも参加できます。ご友人、ご家族お誘いあわせの上、ご参加ください!!
ゲスト調整中!
提案やアイデア、こんな話をしたい!という希望もお待ちしています。

2016年度会員総会 2016/6/19

八王子協同エネルギーは設立からまもなく3年を迎えます。
昨年度は、2基の市民発電所を新設し、里山エネルギープロジェクトにも取り組みました。今年度からは新電力会社「みんな電力」との連携や、堀之内の里山保全、南相馬との地域連携に取り組んで行きます。
2015年度を振り返り、これからの展望について会員の皆さんと共有します。
日 時:6月19日(日)14時~15時半(終了後交流会)
場 所:北野市民センター カルチャールーム(7F)
(京王北野駅徒歩1分 スーパーアルブスの入ったビル)
参加費:無料

南相馬市民主導型再生可能エネルギーと復興への取組を視察するバスツアー 2016/5/28-29

このツアーは、南相馬市内の復興や再生可能エネルギーへの取り組みの現場を見学し、地元の方々との交流を図る内容となっています。エネルギーという切り口から、南相馬の方々との長期継続的なつながりをもつためのきっかけをつくることが目的です。
南相馬では、「えこえね南相馬研究機構」を筆頭にソーラーシェアリング等の取り組みが進められてきましたが、市民電力に取り組まれている皆様方とご一緒に現地を訪問できれば、また新しいきっかけが生まれてくるのではないかと考えています。ぜひこの機会に、ご参加ください。

<ツアー概要>
日程:2016年5月28日(土)-29日(日)(1泊2日)
<集合:28日8時頃 解散:29日21時頃 (八王子駅発着予定)>
内容:市内数カ所のソーラーシェアリング設備、ラッシュジャパンと提携中の菜種などの栽培・油の販売をしている南相馬農地再生協議会、「ワーカーズベース小高」、いちばん星南相馬プロジェクト数カ所を予定宿泊場所:農家民宿いちばん星(南相馬市原町区金沢:一般社団法人いちばん星南相馬の代表星さんは
震災後に市役所を退職され、自宅を改装し、農家民宿を営みながら野菜の産直や観光牧場などにも取り組んでいます。)

参加費:25,000円(予定)
(1泊2食、バス・運転手代、現地訪問先謝礼含む)

呼びかけ:田中拓哉(一般社団法人八王子協同エネルギー)
都甲公子(NPO法人こだいらソーラー)
田中 稔(太陽光発電所ネットワーク東京地域交流会)
中山 弘(一般社団法人えこえね南相馬研究機構)

参加希望の方は、下記の内容をメールでお知らせください。
問合せ:田中拓哉 一般社団法人八王子協同エネルギー
E-mail:info@8ene.org   TEL 080-3774-8022

里山エネルギープロジェクト報告会 2016/3/21

私たち八王子協同エネルギーで行ってきたバイオマスやペレットの研究報告
その他、里山活動の事例報告、「私たちの里山エネルギー!」ワークショップを
開催します。
日時:3月21日(月・祝) 14―17時(13時半受付)
会場:八王子労政会館 ホール(八王子市明神町3-5-1・京王八王子駅・八王子駅より徒歩10分)
https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sosiki/roseikaikan/hachioji.html
(駐車場・コインパーキングあり)
資料代:300円
主催・お問合せ:
一般社団法人八王子協同エネルギー
050-3700-8002 info@8ene.org

かあさん牛のヨーグルト工房発電所お披露目パーティ 2016/3/19

多くの市民のみなさまのご協力で、はちエネ市民発電所3号機が完成しました。
お披露目パーティを磯沼牧場で行います!

日時:2016年3月19日(土)

10時半~ 受付
11時~  ロケットストーブでごはんを炊く体験
ピザ生地 ミルク入りカレーづくり
12時~  みんなで牧場ランチ
午後 磯沼さんの牧場案内
発電所の看板をつくろう! 記念撮影 15時終了予定

<参加費>
一般:2000円/子ども:1000円

<定員>
50名
場所:磯沼ミルクファーム(八王子市小比企町1625・京王線山田駅徒歩5分
「中小比企」バス停前)
http://isonuma-farm.com/webpages/map.php
★牧場の駐車スペースが限られますので
できるだけ公共交通機関(電車・バス)自転車などをご利用ください。
障害をお持ちの方や、小さなお子さん連れの方は申込時にご相談ください。
主催・お問合せ:
一般社団法人八王子協同エネルギー
050-3700-8002 info@8ene.org

COP21報告を聞いて考える、これからの地球・共 生・未来 2016/2/5

日時:2月5日(金)19時半~
場所:アミダステーション
まなびつなぐ広場とはちエネの共催企画です。
講師:奥田さが子さん(はちエネ会員・公害・地球懇COP21代表団)
内容(予定)
1.    今なぜ温暖化を問題にするのか
2.    持続可能な未来のためには、社会のあり方を変えるしかない
3.    COPって何? 今年のCOP21でめざしたもの
4.    到達点と今度の問題
5.    日本政府の政策は—エネルギー基本計画の中身と世界の潮流
6.    世界の人から学んだこと—市民が世界を動かしている
7.    パリ見聞記・こぼれ話
▼詳細はこちら
https://www.facebook.com/events/1128308877194095