ビジョン

はちエネのビジョン

「地域資源を活用した再生可能エネルギーで、人と地域を幸せにする」

私たちは、原発のいらない社会づくり、原発に頼らないエネルギーづくりに取り組みます。地域の気候や資源、暮らし。その地域の特性にあった自然エネルギーを作り出す。大きなシステムに依存するのではなく、小規模分散型の、地域の自治や自立を目指す活動です。
八王子協同エネルギーは、エネルギーの自給をきっかけに、地域に向き合い、地域の問題に取り組むことで、より暮らしやすい街づくりに貢献します。
一般社団法人八王子協同エネルギー(はちエネ)は、エネルギーの地産地消、再生可能エネルギーの導入や省エネルギーに関する事業を行うために八王子の市民がつくった非営利法人です。

10年後のはちエネのあるべき姿

  • 柱となる事業:発電事業、電力小売事業
  • 発電目標:15GWh(八王子市全体の消費電力の0.5%)
  • 発電方法:太陽光、廃食用油、バイオマス
  • 副次的な目標(波及効果):市民参加10万人

発電事業の計画

  • 2020年3月までに廃食用油発電を開始(事業として成立する場合)
  • 2019年3月までに 廃食用油発電の事業性を判断(発電機の大きさ、設置場所、回収・精製・発電のどの部分をはちエネが行うか、採算性、体制など)