【活動報告】結の会+アミダステーション“壁”の地産地消プロジェクト

伐採から2年の発酵を経てつくられる八王子産の竹繊維を、みんなで一枚一枚漉いた、想いの詰まった竹和紙で壁紙貼り! 結の会+アミダステーション“壁”の地産地消プロジェクト!

温かみのある素材でありながら、光の当たり方によってはギラッとした繊維の艶がいい味を出しています。

柔軟性のある天然素材だから、少し失敗しても後から修正が出来る。まだまだ達成率は1/5くらいですが、室内は一気におしゃれ空間になりました!

また紙漉きの工程から繰り返し実施していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です